家でウォーターサーバーを使おう【メリットを詳しく紹介】

記事一覧

契約に必要な費用

男性

量と種類を決めておく

ウォーターサーバーを設置すると好きな時においしくて安全な水が飲めると人気ですが、料金が高すぎると負担になってしまいます。ウォーターサーバーを導入する時には初期費用と毎月の費用の両方がかかります。初期費用はウォーターサーバーを購入する場合には5万円程度かかりますが、一般的にはウォーターサーバー機はレンタルすることが多く、レンタルフィーは月に1000円程度のところが多く、レンタルフィーが無料のところもあります。レンタルフィーは宅配水に上乗せされていることも多く、長期間大量に水を使うような場合にはウォーターサーバーを購入することを考えて下さい。しかし、今ではたくさんの業者がウォーターサーバー事業に参入していて、激しい競争が生まれています。レンタルフィーも水の料金も安価になっているので最初はレンタルして使うことをおすすめします。月々の水の料金の契約方法は、毎月2本分の水を定期的に送ってくるといったパターンと必要に応じて発注をしてもってきてもらうパターンがあります。毎月定期的に送ってもらう契約の方が1本当たりの水料金は安くなりますが、置き場所を確保したり、水に過不足がでたときに問題がでます。一方、置き場所が困らず無駄にもならないのが後者のパターンですが、1本当たりの料金が高めに設定されていて、水がなくなっているのに発注を忘れてしまうと、必要なときに水を利用できない問題があります。家庭で必要な水の量や種類をしっかりと決めてから契約する業者を決めて下さい。

Copyright© 2018 家でウォーターサーバーを使おう【メリットを詳しく紹介】 All Rights Reserved.